とうとう読んでしまった・・・というのも、藤沢周平のこの用心棒シリーズはもっと後の楽しみにとっておくつもりで今まで読まずにいたから。私の好きな川上弘美のエッセイ集『あるようなないような』のなかの『ごうつくばあさま』というエッセイで川上さんが「おいしいものは後まわし」方式で、藤沢周平の著作の何冊かを読まずに我慢していると書いているのですが、私もそれに倣って、藤沢周平の著作は少しずつ楽しもうと思っているのです。

でも、やっぱりちょっと読んでみたくなってしまって、ついに用心棒日月抄シリーズの第一作『用心棒日月抄』に手を伸ばしてしまったのです。そして、やはり後の楽しみに取っておくべきだったかも、と思わず後悔(?)してしまうほど面白かったです。

主人公は青江又八郎という浪人。偶然藩主毒殺の密談を耳にした又八郎は、許婚由亀の父である平沼にそのことを打ち明けたのだが、突然平沼が斬りかかってきたため、又八郎は平沼を斬り、そのままただ一人の身よりである祖母を残し脱藩、江戸にでてきたのです。

浪人ものとなった今、又八郎は仕事を紹介してもらうため度々口入れの吉蔵の元を訪れては、犬の番や娘の用心棒などと言った仕事を世話してもらいどうにか暮らしているのです。そしてまた国許から次々と送られてくる刺客を迎え撃ちながら、いつの日か、父の敵を討つために自分の前に由亀が現れるのを待っているのです。

この第一作『用心棒日月抄』で又八郎が引き受ける用心棒の仕事の影にチラチラするのが、その当時世間を賑わせていた、とある事件です。その事件というのが、播州赤穂の藩主浅野内匠頭長矩が、江戸城中で吉良上野介義央に刃傷をはかったというもの。しかも、又八郎が請け負う仕事は、徐々に赤穂の浪人と吉良の争いに近付いていきます。
要するに、又八郎の用心棒稼業とともに「忠臣蔵」のストーリーを楽しむことが出来るという仕掛けになっているのです。

用心棒稼業を始めた当初こそ、武士としてのプライドも捨てきれずやや堅物らしさを見せていた又八郎も浪人ものとしての生活も板につき、口入れの吉蔵や吉蔵の店で知り合った同じ浪人の細谷らとの交流を深めていきます。また、国許にいる許婚由亀のことを片時も忘れずにいるものの、時には言い寄ってくる女性を受け入れたりもします。
何より又八郎の剣の腕は一流で、時に用心棒として雇主の身を守るため、また時に自分の命を狙う刺客を迎えうつために人を斬るわけですが、その斬り合いの描写にも迫力があります。

主人公の又八郎はもちろん、細谷、吉蔵、由亀、そして又八郎の祖母など魅力ある登場人物が多く、シリーズものとして続く次の作品も間違いなく楽しめそうな予感がします。

この用心棒日月抄シリーズは、第二作『孤剣―用心棒日月抄』、第三作『刺客―用心棒日月抄』、第四作『凶刃―用心棒日月抄』と続きます。



うーん、やっぱり藤沢周平の時代小説はいいなぁ。
スポンサーリンク
関連記事