宮部みゆきの時代小説『日暮らし』は『ぼんくら』の続編。前作『ぼんくら』にも登場した御馴染みの登場人物が今回もあちこちで顔を出しています。

最初は文庫の上・中・下全3巻(※新装版は上・下全2巻)というボリュームに、及び腰になりそうでしたが、いざ読み始めれば、あっという間に3冊読み終えてしまいました。途中で止めることが出来ずほとんど1日で読んでしまいました。それは、やはりこの小説がただの時代小説ではなく、宮部みゆきらしいミステリー要素たっぷりであるため、どうしても続きが気になってしまうからなのでしょう。

構成は『ぼんくら』と同じように『おまんま』、『嫌いの虫』、『子盗り鬼』、『なけなし三昧』という短編の後に『日暮らし』という長編小説が続き、それぞれの短編の内容が『日暮らし』に関連しています。

ぼんくら同心井筒平四郎、平四郎の甥でとびっきり美形の弓之助、聞いた話は何でも覚えることが出来るおでこ、おでこの親分にあたる岡っ引きの政五郎、そして煮売屋のお徳に鉄瓶長屋で差配人をしていた佐吉など前作『ぼんくら』に引き続いての登場となる登場人物がほとんどなので、やはりこの『日暮らし』を読む前に『ぼんくら』を読んでいる方が、登場人物どうしの関係などが掴みやすいでしょうね。

さて、『日暮らし』で中心となるのは、佐吉の実の母親、葵の殺人事件。葵はずっと昔に幼かった自分を捨て、出奔したと聞かされて育った佐吉は、葵を深く恨んでいました。その葵が殺され、現場にいたのが佐吉だった・・・ということですぐさま佐吉がお縄に。その話を聞いた平四郎は佐吉が捕らえられているという番屋に駆け付ける。佐吉を犯人としたまま事件をうやむやにしようとする湊屋の対応を不審に思う平四郎は弓之助や政五郎と共に真犯人を突き止めようと事件を洗い直します。

宮部みゆきの現代小説ミステリーと違い、ミステリーとしての結末には多少不満が残るものの、時代小説ならではの人情が微笑ましく、相変わらず心が温かくなります。だから宮部みゆきの時代小説はやめられません。でも、ただ人情たっぷりなのではなく、ゾッとするような人間の冷酷さ、恐ろしさも描かれています。





まだまだこのシリーズ続けて欲しいです。そういえば、霊験お初シリーズも続編楽しみにしているのですが。
スポンサーリンク
関連記事