アマゾンから届いた本。
東野圭吾のガリレオシリーズ第2弾『予知夢』(文春文庫)と角田光代の『さがしもの』(新潮文庫)。

『さがしもの』は『この本が、世界に存在することに』を改題したもの。

以前『10月発売予定の気になる文庫本』という記事を書いた段階では、本やタウンの文庫近刊情報にはタイトルが『この本が、世界に存在することに』のままだったので、そのタイトルでアマゾンで検索しても文庫本がヒットしないのでおかしいなぁと思っていたのですが、『さがしもの』というタイトルに改題されていたんですねー。
『この本が、世界に存在することに』というのもなかなか素敵なタイトルだと思うのですが。

『さがしもの』は「本」にまつわる作品を集めた短編集。角田さんのエッセイ、特に旅のエッセイと本に関するエッセイが好きでよく読むのですが、小説はあまり読んだことがありません。でも、この『さがしもの』は本にまつわる話ということなので、読むのが楽しみです。

『予知夢』はご存知ガリレオシリーズ。結局文庫化されたものはこれで全部揃えちゃいましたが、10月に単行本で『ガリレオの苦悩』が発売されたんですよね。当然文庫化までのんびり待ちますけど。

そういえば、福山雅治が2010年のNHKの大河ドラマ『龍馬伝』で主役の坂本龍馬を演じることが決まったようですね。随分男前な坂本龍馬ですね。
スポンサーリンク
関連記事