2008年12月発売予定の気になる文庫本

今月も本やタウンの文庫近刊情報をチェックしました。

いつもどおり「あ行」の出版社から順番に12月発売の気になる近刊文庫をチェック。

まず気になったのが講談社+α文庫の『淀川長治とおすぎの映画名作コレクション』。12月18日発売予定です。映画好きなので、こういう映画関連本が文庫で読めるのは嬉しいです♪
ところで、この本の著者の欄に淀川長治・杉浦孝昭とあったので、「杉浦孝昭?」と思ったのですが、おすぎさんの本名なのですね。知りませんでした。

そして、集英社文庫から椎名誠の『砂の海 風の国へ』。12月16日発売予定。

ちくま文庫から『色川武大 [ちくま日本文学030]』。12月10日発売予定。

文春文庫からは村上春樹の『意味がなければスイングはない』。12月4日発売予定です。この本は以前図書館で借りて読んだのですが、手元に置いておきたいので文庫化は嬉しいです。

文春文庫からもう一冊、矢作俊彦の『悲劇週間』。堀口大學の青春を綴った作品。お邪魔させて頂いているいくつかのブログで以前単行本の紹介をされていたのを目にしていたのですが、先日読み終えたサン=テグジュペリの『人間の土地』の訳者が堀口大學氏でしたので、ちょっと読んでみたくなりました。同じく12月4日発売。


意味がなければスイングはない』 村上春樹 文春文庫 12/4
悲劇週間―SEMANA TRAGICA 』 矢作俊彦 文春文庫 12/4
色川武大 [ちくま日本文学030]』 色川武大 ちくま文庫 12/10
砂の海 風の国へ』 椎名誠 集英社文庫 12/16
淀川長治とおすぎの名作映画コレクション』 淀川長治 杉浦孝昭 講談社+α文庫 12/18
スポンサーリンク
関連記事
文庫新刊村上春樹

Comment

Name - sakura-kanade  

Title - 

「宿六・色川武大」 (文春文庫)は読みましたか?
色川武大を読み始めると、その奥さんっていったい???
と気になり始め、だいぶ前に読んだんですが、これも
強烈な話でしたよ。
すごーくおすすめなのですが、絶版なのか、あまり
見つかりません。
図書館ならけっこう置いてあるので、ぜひ、見つけたら
読んでみてください!
村上春樹の文庫、私も忘れず買わなくちゃ ゚ω゚)φ...メモメモ

2008.11.06 Thu 08:35
Edit | Reply |  

Name - みらくる  

Title - 

sakura-kanadeさん、こんにちは~。

『宿六・色川武大』は未読です。sakura-kanadeさんのおすすめなのですね^^
好きな作家の周囲の人が書いたものが気になるのって分かります!
そうやって芋づる式に読みたい本が増えるのですよね。
もともと色川武大、つまり阿佐田哲也が気になったのは、競馬好きだったということを知ったからなのですが、他にも確か川上弘美さんのエッセイでちらっと色川武大の本のことが出ていたのを読んだりしたので。
『麻雀放浪記』が『競馬放浪記』だったら迷わず読んだのに~などと思ったりしてます(笑)

12月に発売される文庫本で一番楽しみなのは、一度読んではいるのですが村上春樹の『意味がなければスイングはない』です(^-^)

2008.11.06 Thu 18:12
Edit | Reply |  

Trackback