もともと映画の『かもめ食堂』が好きで、原作はどうなんだろうと気になっていたので、これも文庫化を機に読みました。

もともと原作あっての映画なわけですから、変な言い方になってしまいますが、映画の『かもめ食堂』の雰囲気そのままで、読んで良かったと思いました。もう一度映画を観たくなりました。

先に映画を観てしまっているため、頭の中ではもう完璧に、サチエ=小林聡美、ミドリ=片桐はいり、マサコ=もたいまさこのイメージが出来上がってしまっていたのですが、それぞれのキャラクターにピッタリなので、このイメージが邪魔になることはありませんでした。

フィンランドで食堂をやるという目標を持ち、自分というものをしっかりと持っているサチエと、何の目的もなくフィンランドにやって来たミドリとマサコ。ひょんなことからサチエ出会ったミドリとマサコは、サチエの食堂、“かもめ食堂”を手伝うことになるのです。

食堂を開店した当初、かもめ食堂にやって来るのはアニメ好きで日本かぶれの青年トンミ君だけ。しかも、そのトンミ君もサチエがサービスで出すコーヒーを飲むだけ。そんなかもめ食堂の状況を憂うミドリはあれこれと新しいアイデアを提案するのですが、サチエは日本のソウルフードであり、かもめ食堂の売りとなるメニュー(と言ってもお客さんは誰も食べてくれません)、おにぎりにフィンランド人好みのアレンジを加えることを拒みます。日本にいても、どこにいてもサチエの中でおにぎりは鮭、おかか、昆布、梅干しなんだと。

その後のサチエの言葉に、これと通じてるんじゃないかなぁと思うものがあります。

自然に囲まれている人が、みな幸せになるとは限らないんじゃないかな。どこに住んでいても、どこにいてもその人次第なんですよ。その人がどうするかが問題なんです。しゃんとした人は、どんなところでもしゃんとしていて、だめな人はどこに行ってもだめなんですよ。きっとそうなんだと思う


こういうサチエのピンと一本筋の通った考え方がいいなぁって思うんです。私はどちらかというと、ミドリやマサコのように、自分に自信がなく、人の言葉にふら~っとしそうなタイプなので。

とにかく、性格や今までの生き方、年齢も違うサチエとミドリとマサコという3人の日本人に加え、トンミ君やリーサおばさんなど地元のフィンランド人たちとの面白可笑しい交流、時にはちょっとしんみりするようなそれぞれの身の上話など、読んでいるとほんわかした気持ちになれる小説です。

やっぱり、もう一度、映画が観たくなりました。

群ようこさんのエッセイは好きでよく読むのですが、まっるきりフィクションという小説を読むのは今回が初めてでした。でも、この『かもめ食堂』はとても好きな小説になりました。

かもめ食堂 (幻冬舎文庫)
群 ようこ
幻冬舎
売り上げランキング: 719
スポンサーリンク
関連記事