先日読んだ東野圭吾の『容疑者Xの献身』が予想以上に面白かったので、順番は逆になりましたが、既にドラマ化されたガリレオシリーズ第1弾『探偵ガリレオ』の文庫本も早速購入して読みました。

『容疑者Xの献身』の方は、映画は観ていませんし単行本では読んでいなかったので全く初めて読む内容でしたが、今回の『探偵ガリレオ』に関しては既にテレビで放送されたドラマ『ガリレオ』を観ていたので、ある程度内容を知ってしまっているということがあり、楽しめるかどうかちょっと心配でした。

確かに、『第一章 燃える』を読み始めた時は、「あ~、あの唐沢寿明が出演してた回の話ね」と思いつつ読み進めたわけですが、大まかな内容はドラマとほぼ同じでも、犯人の設定などは微妙に違っているので、犯人に対する印象も変わってきますし、ストーリー自体に対する感想も変わりました。例えば、この『第一章 燃える』などは、ドラマではものすごく冷血な犯人という設定になっていましたが、小説ではかなり違っていました。私は、この第一章に関しては原作である小説のほうが好きです。
他の章もやはり同じようにドラマのストーリーとは犯人の人物設定が異なっているので、全く別のものではないにしても、ドラマとは少~し違う物語として楽しめました。

ここまできたらガリレオシリーズ第2弾『予知夢』も読みたいと思います!

原作ではガリレオ先生こと湯川学と名コンビを組んでいるのは、ドラマでは北村一輝が演じていた草薙俊平なんですよね。男同士で同級生という気安い関係がドラマとはまた違った雰囲気を出していて、それはそれで面白かったです。まあ、映像化するなら男同士よりも男と女という設定の方が違う面白さが出ますもんね。それが福山雅治と柴咲コウなら美男美女で言うことないですし。

ところで、この文庫本『探偵ガリレオ』の解説を担当しているのは、俳優の佐野史郎さんです。なぜ佐野史郎が?と思ったのですが、解説を読んでみると、何ともともとこの『探偵ガリレオ』は、東野圭吾さんが映画で探偵役を演じた佐野さんを見て、佐野さんをイメージして湯川学を書いたそうなのです。

私は、この解説を読んで初めてその事を知ったのですが、既に福山雅治の湯川学を見てしまっているので、佐野史郎が演じるガリレオはちょっとイメージできません・・・。

探偵ガリレオ (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 819
スポンサーリンク
関連記事