すきまのおともだちたち/江國香織

私は本来ファンタジーなお話が好きではありません。そもそも自分の中に乙女チックな部分なんてこれっぽっちもないですし。

それでも、江國ファンだし文庫化されれば読まずにはいられないですからこの『すきまのおともだちたち』だってちょっと迷いはしましたが発売後すぐに買いました。

新聞記者の「私」が取材で訪れた街で道に迷い、やがて小さな女の子に出会う。その女の子は小さい(9歳)のに両親はおらずたった1人で暮らしている。1人というか、1人と1枚?というべきでしょうか?女の子はお喋りするだけでなく車の運転まで出来てしまうお皿と一緒に暮らしているのです。

小さな女の子と喋るお皿・・・。この設定が私にこの本を読む事を躊躇させていたのです。でも、読めばそこは江國ワールドで江國ファンの私にはやっぱり面白いんです。そういえば『ホテル カクタス』を読む前も躊躇したけど読んだらすっかり気に入ってしまったんでした。

お皿の他にも風呂敷や豚の紳士、靴屋のネズミなど変わった登場人物(?)が多いですが、女の子が暮らすのは見た目はごく普通の街で、駅や野球場、遊園地や映画館だってある。それに女の子は何もしないで生活している訳じゃなく野球場でレモネードを売り歩いたり、針仕事をしたりしてお金を稼いでいるんです。そのへんはリアルですね。

「私」は自分の意思で女の子に会えるのではなく、「まさにすきまに落ちるみたいに唐突に、強引に」女の子とお皿のいる場所に行き、そしてまた突然自分がいるべき元の場所に連れ戻される。
だからタイトルが『すきまのおともだちたち』なのですね。江國さんの本のタイトルはいつも絶妙だなぁ。

読んでいて心が穏やかになるというか、優しい気持ちになれる作品でした。夏の疲れがスーッと溶けていくみたいな。お気に入りの江國作品がまたひとつ増えました。

すきまのおともだちたち (集英社文庫)
江國 香織 こみね ゆら
集英社
売り上げランキング: 17795
スポンサーリンク
関連記事
江國香織読書友情

Comment

Name - たんぽぽ  

Title - まだ読んでない

こんばんはー。
実は私もこの本を買ったものの、なんとなく躊躇してまだ、読んでいませんでした。
この表紙のイラストもすごく好きな感じなんですが、あまりにもファンタジーというところで、どうなの?って思っちゃうんですね。
でも、こちらのお勧めを見まして、近いうちに読むことにします!

2008.08.28 Thu 20:43
Edit | Reply |  

Name - みらくる  

Title - こんばんは~♪

たんぽぽさんも私と同じような理由でこの本を読むのを躊躇されていたのですね。
私も発売されてスグ買ったのに何となく後回しにしてしまって、昨日読み終えたばかりなんです~。
あくまでも私の感想ですが、読む前に想像していたようながっつりファンタジー!っていうのではなく、適度にリアルさを感じられるストーリーでしたよ。
ファンタジーが得意ではない私でも無理なく楽しめました!

近いうちにお読みになるという事で、たんぽぽさんの感想も楽しみにしていますね^^

2008.08.28 Thu 22:49
Edit | Reply |  

Name - たんぽぽ  

Title - とてもよかった

やっと読みましたので、トラックバックさせていただきますね。
うん、良い作品でした。

2008.09.28 Sun 20:08
Edit | Reply |  

Name - みらくる  

Title - 

たんぽぽさん、こんばんは~。

本当に良い作品でしたよね♪また、いつか読み返したいと思います^^

2008.09.29 Mon 00:39
Edit | Reply |  

Trackback

この記事へのトラックバック
  •  すきまのおともだちたち
  • すきまのおともだちたち (集英社文庫 え 6-10)江國 香織集英社このアイテムの詳細を見る この本は何ヶ月か前に表紙のかわいいイラストに惹かれて買ったのですが、どうも、あまりにもファンタジーっぽいその雰囲気に、気後れがして、しばらく読まないまま放ってありました...
  • 2008.09.28 (Sun) 20:09 | 映画と本の『たんぽぽ館』