一昨日アマゾンでけらえいこの『あたしンち公式ファンブック』を注文したら、昨日届きました。私の住んでいるところだと、たいてい発送の翌々日に到着するのですが、今回はなぜか早かったです♪


一見通常の『あたしンち』の単行本と同じように見えますが・・・


248pあるということで、ボリューム感たっぷり。

中身はカラーではなくモノクロです。

とにかくこの『あたしンち公式ファンブック』、充実した内容になっています!

第1章「あたしンちキャラ大紹介」では、母、みかん、ユズヒコ、父のタチバナ家の面々はもちろん、みかんの親友のしみちゃん、みかんが想いを寄せる岩木くん、みかんの中学からのともだち吉岡、母のともだち水島さん、戸山さん、ユズの親友藤野、ユズに想いを寄せる川島、ユズのクラスメイト石田などおなじみのキャラクターたちについての解説があります。

そこで、それぞれのキャラクターの初登場の一コマが紹介されているのですが、母、水島さん、戸山さんの仲良しトリオの現在の姿との違いがすごくてビックリ!確かに初期の母はあまりかわいく描かれていなかったですが、水島さんもだいぶ違ったんですねぇ。私は日頃からランダムに『あたしンち』を読んでいるつもりですが、ファンブックを読んで、もう一回1巻を読み返してみようと思いました。

また「あたしンち人物図鑑」には一度しか登場していない通行人やお店の店員のようなキャラクターまでズラリと紹介されています。

第2章「あたしンちの謎」では、タチバナ家が暮らす町の地図やタチバナ家の間取り、タチバナ家のルールなどが紹介されています。

そして、第3章「マイベストあたしンち」ではマンガ家の里中満智子さん、シンガーソングライターの矢野顕子さん、マンガ家のいくえみ綾さん、女優の草刈民代さん、作家の角田光代さん、歌人の穂村弘さん、マンガ家の小川彌生さんなどが選ぶ「一番好きな話」と『あたしンち』への思いが紹介されています。
マンガ家の方はイラスト入りで紹介されているのですが、『きみはペット』の小川彌生さんが描いたユズピがイケメンでした。

その他、アニメ『あたしンち』でタチバナ家の声を担当している声優さんの座談会も。

第4章「けらえいこインタビュー」は、作者のけらさんと、共作者でけらさんのダンナ様でもある上田信治さんのインタビュー。私はけらさんの『セキララ結婚生活』や『7年目のセキララ結婚生活』も持っているので、“オット”上田さんのことも知っていましたが、ネタ出しやストーリー作りに協力されていたのですね~。

第5章「幻のあたしンち」は、単行本未収録の15話が掲載されています。さらに1~15巻の各話あらすじ(一言コメント程度のもの)が一挙公開されています。

私は以前読売新聞をとっていたので、単行本未収録作の15作の中のいくつかは読んだ覚えがありました。てっきり全ての作品が収録されているものだと思っていたのですが、違いました。

以上、お腹いっぱい大満足のファンブックでした☆

あたしンち公式ファンブックあたしンち公式ファンブック
原作:けらえいこ

メディアファクトリー
売り上げランキング : 105912

Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
関連記事