月が替わって1週間くらい経つと毎日本やタウンの文庫近刊情報をチェックするのが私の習慣のひとつになっています。値段が手頃で収納の場所も取らず、持ち運び便利な文庫本をこよなく愛する私としては毎月どの作家のどの作品が文庫化されるのかは最大の関心事なのです。

そして、いつものように9月の近刊情報をあ行の出版社から順番にチェックしたところ、まず気になったのは9月5日発売予定の朝日文庫、開高健の『モンゴル大紀行』。開高さんは釣り関係の本しか読んでいないけど紀行文面白そうなどと思いつつか行をチェック。すると・・・。

角川文庫、『レヴォリューション(3)』、金城一紀の文字がっ。

待ってました!だって、いつだったかもう忘れちゃったけど、こうやって文庫近刊情報をチェックしていた時に同じように角川文庫から『レヴォリューションNo.3』が出るっていうのを目にして大喜びしたのに、なぜか発売されないままだったんですもん。あの時は角川文庫のサイトにもちゃんと発売予定にあったのに、何でだったんだろう?まあ、とにかく発売されるならいいや♪

そして、さらに同じか行のページにもうひとつ嬉しい近刊情報を発見!

講談社文庫、『魔王』、伊坂幸太郎!

う、嬉しすぎるよ9月。

さらにチェック。お、矢沢あいの『天使なんかじゃない』が集英社文庫コミック版で出るんだ。でも、私は高校生の時に買ったコミック未だに持ってるからこれはいいや。私は『NANA』より断然『天使なんかじゃない』が好きです。

あ、ちくま文庫から開高健の『開高健』っていうのが出るんだ。一応チェックっと。

とりあえず、9月は『レヴォリューション(3)』と『魔王』だけで私は大満足です♪

『レヴォリューション(3)』 金城一紀 角川文庫 9/25
『魔王』 伊坂幸太郎 講談社文庫 9/12
スポンサーリンク
関連記事