再読していた江國香織の『神様のボート』をちょうど読み終え、次は何を読もうかな~と思っていたところ、アマゾンで注文していた本が届きました。



まず、新潮文庫の新刊から伊坂幸太郎の『フィッシュストーリー』。伊坂ファンなので、伊坂さんの新刊文庫が出たらとにかく買います!
単行本では読んでいないので、文庫化を楽しみにしていました♪

本当は、同じ新潮文庫の新刊、宮部みゆきの『孤宿の人』の上下巻を買おうと思っていたのですが、何となく、今は時代小説より現代小説の気分だったので、そちらは後回しにして、三浦しをんの『風が強く吹いている』と小路幸也の『東京バンドワゴン』を買いました。

『風が強く吹いている』は「6月発売予定の気になる文庫本」でも挙げていました。スポーツ物は好きなジャンルなので。文庫で650ページを超す長編小説。

あと、これもずっと気になっていた『東京バンドワゴン』。初めて読んだ小路さんの小説『東京公園』(→感想)が私のツボにハマったので、シリーズ作品の『東京バンドワゴン』にも手を出してみる気になりました。まずは第一作を読んでハマれば第二作、三作と読んでいこうかなと思ってます。

それから、『マイブック―2010年の記録』。2009年に初めて使ったのですが、使い勝手がいいので、2010年の手帳もマイブックを使うことに決めました☆
文庫好きの私には文庫サイズというのが嬉しいし、何より安い!1日1ページで十分すぎるほどスペースがあるし。


中身は2009年と変わらず、こんな感じです。


カバーのそでに2010年のカレンダー。

さて、まずは一番楽しみにしていた『フィッシュストーリー』から読みます!
スポンサーリンク
関連記事