週末に夫と温泉旅館に一泊してのんびりしてきました。主婦にとって何より嬉しい上げ膳据え膳。もちろんお料理も美味しくて大満足でした♪

私はアルコールが全くダメなので食事の時にお酒は飲まないのですが、夫はビールを飲んでいました。でも、実は夫もそんなにお酒が強い方ではないので、食事の後はすぐに寝てしまいました。まだ夜の8時過ぎだったと思うのですが・・・。

いつものパターンなので、私は持ってきた文庫を読みました。それが村上春樹の『国境の南、太陽の西』。再読です。今回のようにちょっとした旅行に行く時は、読む読まないは別にして何か一冊文庫を持っていくのが私の習慣なのです。

秋の気配が深まってきたので何となくしっとりとした恋愛小説でも読もうかと思って本棚を眺めた結果『国境の南、太陽の西』を選んだわけですが、前に読んだ時の記憶が曖昧で今回再読してみて、途中でこれはしっとりとした恋愛小説とはちょっと違うということに気付きました。もし、この本を読んでいる途中で誰かに「何読んでるの?」などと言われて覗き込まれたら困るような描写が満載でした(笑)。

主人公の男は今は結婚していて妻と幼い娘二人と裕福で幸せな生活を送っているのですが、この主人公ハジメくんには、ずっと忘れられない女性がいるのです。それが小学生の時に仲良くしていた島本さん。その島本さんに再会し、妻に嘘をついて島本さんと会ううちに彼女への気持ちが抑えきれなくなってしまう・・・。

島本さんとは別々の中学に通うことで会わなくなり、主人公は高校生の時には別の女の子イズミと付き合います。ところが、どうしようもない行動でイズミを裏切り深く傷付けてしまいます。さらに島本さんと再会してからは島本さんのことを考えながら妻を抱くというこれまた本当にどうしようもない主人公。

村上春樹の小説の中でも好き嫌いがかなりハッキリ分かれそうですが、私は嫌いではないです。さすがに主人公には呆れちゃいますけどね。村上春樹風に言えば、やれやれという感じでしょうか。

でも、まあ高校生のカップルが学校の屋上でこんな会話を交わしたりするのが村上春樹の小説ですからね。

「怖いのよ」と彼女は言った。「なんだかこのごろ、ときどき殻のないかたつむりになったみたいな気持ちがするの」
「僕だって怖い」と僕は言った。「なんだかときどき水掻きのない蛙になったみたいな気持ちがする」


再読でしたが、確か主人公が女の子とジャズのレコードを聴いていたよなぁという程度の曖昧な記憶しかなく、ほとんど内容を忘れちゃっていたので、新鮮な気持ちで読めたし面白かったです。

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)国境の南、太陽の西 (講談社文庫)
村上 春樹

講談社
売り上げランキング : 17783

Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
関連記事