毎月毎月、文庫の新刊情報をチェックするのが楽しみだったりします。文庫派としては、好きな作家の作品や、気になる作品が文庫化されるのが待ち遠しいのです。早速、本やタウンの文庫近刊情報をチェックしました。

さて、8月の個人的に気になる新刊文庫は・・・

まず、河出文庫から山崎ナオコーラの『浮世でランチ』。山崎ナオコーラさんの小説は読んだことありません。映画にもなった『人のセックスを笑うな』を読んでみようかと思ったことはあったのですが、こちらはストーリーがあまり好みではないので何となく敬遠してました。『浮世でランチ』はちょっと私好みっぽいストーリーなので、今回の文庫化を機に読んでみようかなと思っています。発売予定日は8月4日。

幻冬舎文庫から、よしもとばななの『日々の考え』。こちらは新書の文庫化のようですね。8月6日発売予定。

講談社文庫からは、東野圭吾の『赤い指』。8月12日発売予定。

そして!祥伝社文庫から伊坂幸太郎の『陽気なギャングの日常と襲撃』!!8月下旬発売予定。
この文庫化、本当に待ってました!と言っても、元は単行本ではなく新書サイズで出版されているので、単行本に比べて値段は手頃だし、文庫化を待たずに買っちゃおうかなと何度も思ったのですが、『陽気なギャングが地球を回す』を文庫で持っているので、本棚に並べる時にサイズを揃えたいと思って、辛抱強く文庫化を待っていたのです。作品としても未読なので、とても楽しみです♪

新潮文庫からは横山秀夫の『看守眼』。こちらは、単行本、新書で出版されていましたが、今回文庫化されるようですね。8月28日発売予定。

創元ライブラリから桜庭一樹の『少年になり、本を買うのだ 桜庭一樹読書日記』。これは私には珍しく単行本で買った本なのですが、文庫化されるなら文庫も欲しいです。8月下旬発売予定。

以上が私の気になる新刊文庫です。『陽気なギャングの日常と襲撃』楽しみ~~。

浮世でランチ』 山崎ナオコーラ 河出文庫 8/4
日々の考え』 よしもとばなな 幻冬舎文庫 8/6
赤い指』 東野圭吾 講談社文庫 8/12
『看守眼』 横山秀夫 新潮文庫 8/28
陽気なギャングの日常と襲撃』 伊坂幸太郎 祥伝社文庫 8/30
少年になり、本を買うのだ 桜庭一樹読書日記』 桜庭一樹 創元ライブラリ 8/30
スポンサーリンク
関連記事