発売を楽しみにしていた伊坂幸太郎の『終末のフール』。文庫化されて初めて読むので、一気に読んでしまうともったいないから、味わうようにちょっとずつ・・・と思ったんですけど、やっぱりあっという間に読んでしまいました。

終末のフール (集英社文庫)

『終末のフール』は、「終末のフール」、「太陽のシール」、「籠城のビール」、「冬眠のガール」、「鋼鉄のウール」、「天体のヨール」、「演劇のオール」、「深海のポール」という8篇の短篇からなる作品です。

それぞれの短篇の主人公は違うのですが、舞台は仙台北部にあるヒルズタウンという団地で、伊坂作品らしく各短篇の登場人物たちが作品の中でリンクしています。

そして、ストーリーの設定は、8年後に小惑星が激突し、地球が滅亡すると予告されてから5年が経った・・・というもの。

小惑星の衝突が予告されてからしばらくの間は、日本中の人々が恐怖と絶望で大混乱に陥り、街のあちこちで略奪や暴動が起き、むやみに人に襲い掛かったり、殺害する者も現れた。また、生きることを諦めて自殺する人も後を絶たなかった。
そんな混乱の日々から5年が経過した頃、ふいに街に静寂が戻ってきた。予告された小惑星の衝突まで、あと3年。つまり、命の期限も残り3年と迫ってきて、穏やかに平和に暮らそうと考える人が増えたのか、とにかく、穏やかな日々が戻ってきたように思われた。

最初に収録されている「終末のフール」の主人公は、ヒルズタウンにある住人もまばらになったマンションに妻と二人でくらす中年男性。どこか威圧的で乱暴な物言いをするこの男はの口癖は「馬鹿」。
妻から家を出たきりの娘がやってくると聞いた男は、過去の出来事に想いをはせる。
夫婦には息子と娘がいたらしいが、小惑星の騒動が起きるよりも前に娘は男と衝突して家を出てしまい、息子は亡くなってしまっていた。
その原因は男にあるらしく、男はその事が心に引っかかっていながらも、これまで時間が過ぎてしまっていた。
この主人公は、父親としては最低です。父親としてだけでなく、夫としても最低です。でも、残された時間が3年と迫った時、絶縁状態だった娘との再会によって、ようやく今まで目をそらしてきた自分の過ちと向き合うことになった、その男と娘、そして妻という3人の家族の姿には、温かいものを感じましたし、3年で地球は滅亡するかもしれないけれど、この家族には、これから先に明るい未来が待っているような気がしました。

どの短篇もそれぞれに面白かったですが、特に好きなのは優柔不断で自分で決断することが苦手な男が、今まで望んでも子供が出来なかったのに、あと3年で地球が滅亡するという時になって妻の妊娠が分かり決断を迫られる「太陽のシール」と、兄と弟が死んだ妹の復讐をしようと、ヒルズタウンに住む元アナウンサーの男とその家族が住むマンションに乗り込む「籠城のビール」、地球が滅亡すると知り絶望し、すっかり変わり果てた父のせいで家族がバラバラになってしまったことに思い悩みながらもキックボクシングのジムに通う少年が主人公の「鋼鉄のウール」、そして、最後に収録された「深海のポール」。「深海のポール」には、これまでの短篇に登場した人物たちが様々なかたちで総出演しています。あ、あれはあの人物だな、と思いながら読むという伊坂作品ならではの楽しみがあります。

『終末のフール』の中では、食料の奪い合いや、殺人、放火など、かなりブルーになる出来事が起きているのですが、どの短篇も読後感は悪くありません。私は好きです。やっぱり、伊坂さんの小説はいいなぁ。

終末のフール (集英社文庫)終末のフール (集英社文庫)
伊坂 幸太郎

集英社
売り上げランキング : 1555

Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
関連記事