今日は天気も良く、とても気持ちのいい一日でした。月末なので通帳の記帳しに行ったりした帰り、近所にあるこじんまりとした本屋さんに寄りました。何度かこのブログでも書いていますが、夫の転勤で引っ越してきた町は本当に田舎で、何にもない所なのです。以前は大きな図書館や本屋が近くにあって、本好きには快適な環境でした。ところが今は本屋はあるにはあるのですが、ただでさえ小さなスペースの大半を雑誌やコミックが占めていて、私の目当ての文庫本のコーナーなんて本当にわずかしかないのです。

今月はCDとか色々買っちゃったので、本を買うのは来月まで我慢しようと思っていたのですが、今読んでいる堀江敏幸の『子午線を求めて』を読み終えたら、読みたいと思っている小説があって、もし本屋に置いてあったら買って、無かったら諦めようと思って、その小さな本屋さんに行ってみたのです。そしたら・・・


奇蹟的にありました(笑)。横山秀夫の『臨場』の文庫。

欲しいと思っていた本が見つかるなんて、本当に奇蹟と言ってもいいくらい品揃えの少ない本屋なのです。実際、今日買ったこの『臨場』の帯の裏には光文社文庫の創刊23周年記念プレゼントとして文庫用の本革ブックカバーを抽選でプレゼントとあって、おっ!いいななんて思ったのですが、締め切りが2007年11月末日・・・。この文庫は2007年の3刷発行のものでした。誰も買わずに今まであの本屋にあったおかげで私が今日買うことが出来た訳です。

もともと最近横山さんの小説にハマっていて、次に読むならどうやら検視官が主役らしい『臨場』かなと思っていたのですが、この前テレビを見ていて4月からテレビ朝日で『臨場』のドラマがスタートすると知ったので、ドラマを見る前に原作を読んでおきたいと思って、急いで買いました。だって、もしドラマを先に見てしまったら原作を読んだ気分になって、もういいやってなっちゃいそうだから。そうなったらせっかくの横山作品を読まないなんてもったいないと思ったのです。

実は、『半落ち』を読む気がしないのは、先にテレビで放送された映画を観てしまったからだったりします・・・。

『臨場』のドラマには内野聖陽さん、松下由樹さんなどが出演するみたいです。
スポンサーリンク
関連記事