伊坂幸太郎の『死神の精度』も伊坂作品の中ではかなり好きな作品です。と言っても今のところ伊坂作品の中に嫌いなものなんてないのですが(笑)。
それから単行本の表紙のデザインもよかったんですが、私はこの文庫本の方がさらにかっこよくて好きです。

主人公がミュージックに夢中な死神っていうだけで読む前からワクワクしました。だって伊坂作品に音楽は欠かせないと言ってもいいくらい、今までの作品の中でも音楽はいいスパイスになっているんですもん。死神なんて聞くと、何だかおどろおどろしい感じですが、これがまたちょっと、というかかなりとぼけたいいキャラクターなんです。

この『死神の精度』には全部で6篇の短篇が収録されています。それぞれの短篇に登場する「人間」にそれぞれのドラマがあるし、それに1篇はハードボイルド風でもう1篇はミステリー風と言う感じになっているのでたくさん楽しめて何だかお得な気分になれちゃいます。

それぞれの作品が独立してでも十分楽しめますが、でもやっぱり最初から続けて読んだ方が最後の『死神対老女』で数倍ジーンとくると思います。

死神の精度 (文春文庫)
伊坂 幸太郎
文藝春秋
売り上げランキング: 423


『死神の精度』も映画化されましたね。死神役は金城武。最近ますます小説の映画化って増えてきてるような。
Sweet Rain 死神の精度 コレクターズ・エディション Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション
スポンサーリンク
関連記事