デビュー作なのになかなか手が伸びず、伊坂作品の中では後回しにしてしまっていたのがこの『オーデュボンの祈り』。

だってあらすじに『人語を操り「未来が見える」カカシ。』なんて書いてあるもんだから、絶対不思議系ファンタジー(?)に違いないと勝手に思い込んでしまったじゃないですか。そのせいで伊坂作品を読む時期が遅れてしまったようなものです。ようやく初めての伊坂作品、『ラッシュライフ』を読み、その面白さに呆然。

そこから、とりあえず順番なんて構わずに面白そうだと思った伊坂作品を怒涛のように読みました。

でも、実は伊坂作品、出来るなら発表された順番通りに読んだ方が楽しみが増えるんですよねぇ。ある作品の登場人物が別の作品にさりげなく登場したりしていて、作品同士がリンクしているから。そういう遊び心がたまらなく好きです。今ではすっかり伊坂幸太郎ファンの私です。

とにかく私と伊坂作品との出会い遅らせた憎き『オーデュボンの祈り』、のはずだったんですが・・・これがやっぱりね、面白かったんです。くやしい~。不思議系ファンタジーなんかじゃなかった。

まさに伊坂幸太郎の原点ここにありという感じの読んでいてワクワクする作品。謎が謎を呼ぶというような展開で、えーっ一体どうなってるの?と先を読みたい気持ちが抑えられなかったです。

もちろん伊坂作品の魅力のひとつでもある魅力ある人物もたくさん登場してます。私は何といっても桜が一番好きですね。ちょっと的外れなような、でもクールなところがカッコイイ。逆にめちゃくちゃ嫌な奴も出てくるんですけどね。ああいう嫌な人間を描くのも上手いんだよなぁ。

私と同じように「喋るカカシ」というところでこの作品を敬遠しちゃってる人はもったいないと思います。

オーデュボンの祈り (新潮文庫)
伊坂 幸太郎
新潮社
売り上げランキング: 1146
スポンサーリンク
関連記事