再読していた江國香織の『神様のボート』をちょうど読み終え、次は何を読もうかな~と思っていたところ、アマゾンで注文していた本が届きました。まず、新潮文庫の新刊から伊坂幸太郎の『フィッシュストーリー』。伊坂ファンなので、伊坂さんの新刊文庫が出たらとにかく買います!単行本では読んでいないので、文庫化を楽しみにしていました♪本当は、同じ新潮文庫の新刊、宮部みゆきの『孤宿の人』の上下巻を買おうと思っていたの...

9月に「あたしンち コミック15周年!」という記事を書いた時は「あたしンちファンブック」の発売予定は11月でした。11月になって、一体いつ発売されるのだろうと思い始めていたところ、あたしンちWEBのニュースに『「あたしンちファンブック」発売日についてのお知らせ』がありました。お知らせの内容は以下のとおり。あたしンち公式ファンブックの発売日について、これまで11月発売予定とお知らせしていましたが、都合により、今...

秋だからというベタな理由で北村薫の『秋の花』を読みました。かなり久しぶりの再読です。『秋の花』は《円紫さんと私》シリーズの第三作。それまでの二作『空飛ぶ馬』、『夜の蝉』がほのぼのとした日常の謎解きミステリーだったのに対し、『秋の花』では女子高生が夜の学校の屋上から落ちて死ぬという、このシリーズとしてはショッキングな内容になっています。それに、前二作が短篇集であるのに対し、『秋の花』はシリーズ初の長...

週末に夫と温泉旅館に一泊してのんびりしてきました。主婦にとって何より嬉しい上げ膳据え膳。もちろんお料理も美味しくて大満足でした♪私はアルコールが全くダメなので食事の時にお酒は飲まないのですが、夫はビールを飲んでいました。でも、実は夫もそんなにお酒が強い方ではないので、食事の後はすぐに寝てしまいました。まだ夜の8時過ぎだったと思うのですが・・・。いつものパターンなので、私は持ってきた文庫を読みました。...

今年最後となる12月に発売される予定の文庫本から私の気になるものをチェックしました。まずは講談社文庫からR・アンダーソン著、江國香織訳の『レターズ・フロム・ヘヴン』。この小説の存在自体知りませんでしたが、アマゾンで検索してみたら99年6月に単行本が発売されてました。江國さんの作品というわけではないのですが、内容が面白そうなので一応チェックしておきます。12月15日発売予定。講談社+α文庫から戸田郁子の『ハン...