宮部みゆきの時代小説『日暮らし』は『ぼんくら』の続編。前作『ぼんくら』にも登場した御馴染みの登場人物が今回もあちこちで顔を出しています。最初は文庫の上・中・下全3巻(※新装版は上・下全2巻)というボリュームに、及び腰になりそうでしたが、いざ読み始めれば、あっという間に3冊読み終えてしまいました。途中で止めることが出来ずほとんど1日で読んでしまいました。それは、やはりこの小説がただの時代小説ではなく、宮...

この時期になると、そろそろ来年の手帳をどうしようか色々と悩みます。ちなみに私は、3年間くらいほぼ日手帳を愛用していました。でも、あんなに使える手帳なのに、私はほとんど使いこなせていなかったんです・・・。そこで、今年からはシンプルなMOLESKINEの黒い手帳を使っていました。MOLESKINE、結構良かったのですが、シンプルで小さな割にはお値段がなかなか。ということで、来年の手帳は、新潮文庫のマイブックに決めました!日...

私の三島由紀夫に対するイメージを変えたのが、この『三島由紀夫レター教室』。初めて読んだのは、もうかなり前のことになります。この本を読もうと思ったきっかけは、以前、雑誌(たぶん『ダ・ヴィンチ』だったと思うのですが)で、渡辺満里奈さんが紹介していたのを読んで、初めて『三島由紀夫レター教室』なる本が存在するということを知り、興味を持ったからでした。先日、久しぶりに再読しましたが、やっぱり面白い。私がこれ...

毎日少しずつ、少しずつ味わうように読んでいた堀江敏幸の『回送電車』ですが、読み終えてしまいました。冒頭の『回送電車主義宣言』には、なぜ連載の通しタイトルを『回送電車』にしたのかが書かれています。特急でも準急でも各駅でもない幻の電車。そんな回送電車の位置取りは、じつは私が漠然と夢見ている文学の理想としての、《居候》的な身分にほど近い。評論や小説やエッセイ等の諸領域を横断する散文の呼吸。複数のジャンル...

本日アマゾンから届いた本。宮部みゆきの『日暮らし』。上・中・下の全3巻。そして、ローレンス・ブロックのマット・スカダー・シリーズの第2作『冬を怖れた女』。どちらも読むのが楽しみです。まずは『日暮らし』から読もうかな。『日暮らし』は、これくらいの厚さだったら上・下2冊でも良かったんじゃないかなぁ。マット・スカダー・シリーズもこの第2作が面白かったら、今後シリーズを読み進めていく予定です。【追記】その後、...

私は、国内作家の小説を読む割合の方が多いのですが、たまに無性に海外ミステリーを読みたくなる時があります。一番好きなのは、ディック・フランシスの競馬シリーズ。最近読み始めたのはタイトルにA、B、C・・・とアルファベットがつくスー・グラフトンのキンジー・ミルホーン・シリーズ。まだ『死体のC』までしか読んでいません。キンジー・ミルホーン・シリーズもなかなか面白いのですが、もうちょっとハードボイルドな感じのシリ...

私は時代小説も好きでよく読むのですが、宮部みゆきの時代小説は、ミステリーとしても楽しめるのでちょっと得した気分になれます♪江戸・深川の鉄瓶長屋で八百屋を営む太助が殺された。太助の妹お露が言うには太助は殺し屋に殺されたらしい。そこで本所深川方の同心、井筒平四郎が事件の解決に動き出す『殺し屋』。太助が殺害された後、鉄瓶長屋の差配人久兵衛が姿を消してからまるひと月が過ぎた。平四郎が鉄瓶長屋に顔を出すと桶...

角田光代の短編集『さがしもの』は以前発売された単行本『この本が、世界に存在することに』を改題して文庫化されたもの。この『さがしもの』に収録されている短編に共通するテーマは、「本」。上京して一人暮らしをするようになった“私”は、部屋にある本をひとまとめにして古本屋に売りに行く。どれも特別価値があるような本ではないはずなのだが、一冊の翻訳小説について店主に「あんたこれ売っちゃうの?」と訊かれる。怪訝に思...

東野圭吾の探偵ガリレオシリーズ第2弾となる『予知夢』。17年前から自分は“森崎礼美”という女性と結ばれると言い続けた男。男は16歳の少女、森崎礼美に出会いつきまとうようになるという『夢想る』、そこにいるはずのない女性を見た男は胸騒ぎを覚えるのだが、その時彼女は既に何者かの手によって殺害されていた『霊視る』など、この『予知夢』は5つの短編からなる短編集です。ガリレオのドラマで既に見た覚えのあるストーリーばか...

アマゾンから届いた本。東野圭吾のガリレオシリーズ第2弾『予知夢』(文春文庫)と角田光代の『さがしもの』(新潮文庫)。『さがしもの』は『この本が、世界に存在することに』を改題したもの。以前『10月発売予定の気になる文庫本』という記事を書いた段階では、本やタウンの文庫近刊情報にはタイトルが『この本が、世界に存在することに』のままだったので、そのタイトルでアマゾンで検索しても文庫本がヒットしないのでおかし...