川上弘美のエッセイが好きだと以前『あるようなないような』の感想(コチラ)の時に書きましたが、この『ゆっくりさよならをとなえる』も好き。どこが好きかというと、本や漫画の話が出てくるところだったりします。そういう意味では三浦しをんのエッセイも同じかなぁ。この『ゆっくりさよならをとなえる』は様々な新聞・雑誌に連載された文章を集めたエッセイ集。通底するのは、たぶん「本のこと」と「まごまごした感じ」なんだと...

私は川上弘美のエッセイが好きなので、2月に『なんとなくな日々』が文庫化されるのが嬉しいです♪川上弘美のエッセイで特に好きなのが、この『あるようなないような』です。日常についてのエッセイも面白いのですが、私は、やはり読書エッセイが好きです。この『あるようなないような』で川上さんの好きな本として紹介されている武田百合子の『富士日記』は、私も好きです。川上さんの場合は小説のみならず漫画も読まれるようで、そ...