東野圭吾の探偵ガリレオシリーズ第2弾となる『予知夢』。17年前から自分は“森崎礼美”という女性と結ばれると言い続けた男。男は16歳の少女、森崎礼美に出会いつきまとうようになるという『夢想る』、そこにいるはずのない女性を見た男は胸騒ぎを覚えるのだが、その時彼女は既に何者かの手によって殺害されていた『霊視る』など、この『予知夢』は5つの短編からなる短編集です。ガリレオのドラマで既に見た覚えのあるストーリーばか...

先日読んだ東野圭吾の『容疑者Xの献身』が予想以上に面白かったので、順番は逆になりましたが、既にドラマ化されたガリレオシリーズ第1弾『探偵ガリレオ』の文庫本も早速購入して読みました。『容疑者Xの献身』の方は、映画は観ていませんし単行本では読んでいなかったので全く初めて読む内容でしたが、今回の『探偵ガリレオ』に関しては既にテレビで放送されたドラマ『ガリレオ』を観ていたので、ある程度内容を知ってしまってい...

東野圭吾の小説を読むのは久しぶりでした。初めて読んだ東野圭吾の作品、『秘密』を読んで、その面白さにはまってからは、続けていくつかの作品を読んだりしていたのですが、そのうち何となく他の作家に興味が移り、ここ最近、東野圭吾の小説を読むことがなくなっていました。実は、ガリレオシリーズを読むのは、この『容疑者Xの献身』が初めて。ドラマ『ガリレオ』にはまってから、初めてガリレオシリーズに興味を持ったのですが...