昨日2010年本屋大賞が決定しましたね。大賞を受賞したのは冲方丁さんの『天地明察』。今朝からワイドショーなどで本屋大賞の授賞式の様子が放送されていましたが、冲方さんってまだお若いんですね。一度『マルドゥック・スクランブル』を読もうかなと思ったことはあったのですが、ちょっと私の好みとは違う気がして結局手に取るのをやめたのですが、今回本屋大賞を受賞した『天地明察』は、渋川春海という実在の人物が主人公の時代...

先日直木賞受賞作が発表されました(芥川賞は該当作なし)。そこで、ふと自分はこれまでにどれくらいの直木賞&芥川賞受賞作を読んだのかな?と思ったので、ちょっと調べてみました。ちなみに直木賞や芥川賞を受賞した作品だから読むというのではなく、受賞はその作品を注目するきっかけ。それで、あらすじが自分好みだったら読んでみようかなと思うという感じです・・・と思っていましたが、今回これまで読んだ作品を振り返ったら、...

第142回直木賞の受賞作が決定しましたね。受賞したのは、佐々木譲さんの『廃墟に乞う』と白石一文さんの『ほかならぬ人へ』。廃墟に乞うposted with amazlet at 10.01.14佐々木 譲 文藝春秋 売り上げランキング: 172Amazon.co.jp で詳細を見るほかならぬ人へposted with amazlet at 10.01.14白石一文 祥伝社 売り上げランキング: 181Amazon.co.jp で詳細を見る佐々木譲さんと白石一文さん、どちらの作品も私は読んだことがありませ...

読書も好きですが、映画も好きなのでたまには映画の話題も。「DVDで映画を観る前に・・・『クライマーズ・ハイ』の文庫本購入」という記事を書いたのが、今年の1月。『クライマーズ・ハイ』の文庫を読んだのも1月(感想)・・・。その後、横山秀夫の小説の魅力にはまり、横山作品を続けて読んだりもしました。そして、先日ようやく映画『クライマーズ・ハイ』のDVDをレンタルして観ました。主人公の北関東新聞の記者、悠木を演じたのは堤...

昨日のテレビ番組『ぴったんこカン・カン』に女優の吉行和子さんと冨士真奈美さんが出演しているのを見ました。お二人揃っての出演って久しぶりに見たような気がします。相変わらず言いたい放題好きな事を言い合うお二人に思わず笑ってしまいました。ただ、そこに岸田今日子さんの姿がないのはやっぱり残念でした。以前、岸田今日子さん、吉行和子さん、冨士真奈美さんの三人がテレビ番組に出演しているを見ていて、私の母が「お母...