伊坂幸太郎の『終末のフール』や堀江敏幸の『もののはずみ』などの新刊文庫と他の何冊かの文庫本をアマゾンで注文していて、今はそれが届くのを楽しみに待っているところです。積読本もないので、久しぶりに山本周五郎の『赤ひげ診療譚』を再読しました。山本周五郎の作品はそれほどたくさん読んでいるわけではありませんが、この『赤ひげ診療譚』は好きな作品のひとつです。『赤ひげ診療譚』は、「狂女の話」、「駆込み訴え」、「...