洋泉社から12月17日に『伊坂幸太郎WORLD&LOVE!』というムックが出るらしい。『伊坂幸太郎WORLD&LOVE!』の内容は、以下のとおり。(洋泉社サイトより)《巻頭特集》●仙台の伊坂ワールド●映画公開目前!『ゴールデンスランバー』はこう読む、 みどころ特別インタビュー・なんでこんなにおもしろい?(ダヴィンチ編集部/このミス編集部/書店員ほか)・伊坂検定100問!・ファンならチェックしたい伊坂幸太郎おすすめの本・映画・CD...

伊坂幸太郎の『フィッシュストーリー』は、『動物園のエンジン』、『サクリファイス』、『フィッシュストーリー』、『ポテチ』の4つの中篇を収録した作品集。もう、読んでる最中も、読み終わった後も、伊坂作品最高!って思いました。まず、最初の『動物園のエンジン』。これは、私の場合、最後まで読んでようやく“ある事”に気付きました。それに気付いた時は、やられた~と思いましたが、思わずもう一度読み返してました。これは...

読書の喜びをひしひしと感じながら『陽気なギャングの日常と襲撃』を読みました。あっという間に読んでしまいました。やっぱり伊坂幸太郎はいいなぁ。それともこの本の前に読んだローレンス・ブロックの『八百万の死にざま』がよっぽど私には合わなかったのか。伊坂ファンならご存知の通り、この『陽気なギャングの日常と襲撃』は、『陽気なギャングが地球を回す』の続編にあたる作品です。前作を読んでいなくても楽しめるとは思い...

発売を楽しみにしていた伊坂幸太郎の『終末のフール』。文庫化されて初めて読むので、一気に読んでしまうともったいないから、味わうようにちょっとずつ・・・と思ったんですけど、やっぱりあっという間に読んでしまいました。『終末のフール』は、「終末のフール」、「太陽のシール」、「籠城のビール」、「冬眠のガール」、「鋼鉄のウール」、「天体のヨール」、「演劇のオール」、「深海のポール」という8篇の短篇からなる作品です...

まず、読み始めてすぐに気付いた事がひとつ。今回初めて読むと思っていた伊坂幸太郎の『魔王』でしたが、これ、既に読んだ事がありました…。すっかり忘れていましたが、以前図書館で単行本を借りて読んでいたみたいです。まだ、今みたいに伊坂幸太郎にハマっていなかった時に読んだので、忘れていたのかもしれませんが、「考えろ考えろマクガイバー」を忘れちゃってたなんて自分でもビックリしました!やはり、人間は忘れる生き物...

伊坂幸太郎の『砂漠』の感想が長くなりなりすぎてしまいましたが、実は感想以外にもまだ書きたいことがあったので、別記事にしました。ちなみに、写真は私が所有している唯一のThe Clashのアルバム『LONDON CALLING』です。その下は『砂漠』。クラッシュもラモーンズと同じく西嶋が好きなバンドとして名前を挙げているのですが、ラモーンズほど深くは触れられていません。そもそも伊坂幸太郎の小説には結構いろんな音楽が出てきま...

『砂漠』を読むのは2回目なのに、何、この面白さは!という感じでした。読みながら、わくわくするというか、読書することの喜びをひしひしと感じながら読みました。『砂漠』は5人の大学生の入学から卒業までの4年間を描いたもので、5つの章からなっています。1年生の春に起きた出来事を描いた『春』から始まって、2年生の『夏』、3年生の『秋』、4年生の『冬』、そして卒業の『春』。主人公の北村はどこか冷めたところがあって、上...

殺された妻の復讐に燃える男・鈴木。しかし、鈴木の入念な復讐計画も空しく復讐相手が「押し屋」と呼ばれる殺し屋によって殺害されてしまう。「押し屋」を追う事になった鈴木、さらに2人の殺し屋「鯨」と「蝉」もそれぞれに「押し屋」を追う。これはダーク!前の記事の村上春樹の『アフターダーク』よりダーク。それにこれは伊坂幸太郎と村上春樹の世代の違いなのだろうけど、こっちの方がドライでクールでカッコイーと私は思う。...

伊坂幸太郎の小説はどれもこれも好きだ好きだと繰り返していますが、やっぱり好きなんですよね。この『チルドレン』もそう。『チルドレン』は今現在私が読んだ伊坂作品の中で1、2を争うくらい好き。どの作品と争っているかと言うと『砂漠』なんですけど。2つの小説の共通点は「友情」っていうか「仲間」っていうかそんな感じでしょうか。決してベタベタした関係ではなくてドライなところがいい。『チルドレン』はとにもかくにも陣...

『アヒルと鴨のコインロッカー』なんてタイトルを見ると、ちょっと可愛らしいストーリーを想像してしまいますが、とりあえず私が今まで読んだ伊坂幸太郎の小説の中では1番怖いと思うシーンが多い作品でした。だから面白くなかったという訳ではありません。主人公の椎名が同じアパート住む河崎に誘われて本屋に広辞苑を奪いに行くという場面からいきなりストーリーが始まります。それだけでもうこのストーリーにグッと引き付けられ...