金城一紀のゾンビーズシリーズの中で私が一番好きな作品『フライ,ダディ,フライ』がようやく文庫化され、喜び勇んで購入、早速再読・・・そして涙。断っておきますが『フライ,ダディ,フライ』は、他のゾンビーズシリーズ同様、愉快痛快なエンターテイメント性の高い作品です。でも、どうも私の涙腺がゆるいのか、涙がじわりと込み上げてきてしまうシーンが2、3ありました。再読なのに。『フライ,ダディ,フライ』の主役は四十七...

初めて読んだ金城一紀の小説は『GO』。直木賞受賞作。いつものように文庫化されてからようやく手に取りました。私の手元にある『GO』は黒い表紙の講談社文庫ですが、今は角川文庫から出ていますね。主人公の杉原は、日本で生まれて日本で育った在日韓国人。杉原の父親は朝鮮籍だったのだが、ある日を境に韓国籍に変える。杉原は、自分はそんなに簡単には転ばないと思っていたのだが、中二の春休みが終わろうとしていたある日、父親...

大好きな金城一紀のザ・ゾンビーズ・シリーズの第1弾『レヴォリューション No.3』を文庫化を機に再読しました。以前読んだ時の印象は、とにかく痛快な青春小説というものでした。主人公とその仲間たちは、おちこぼれ男子高に通っており、その偏差値が脳死と判定されてしまう血圧値ほどしかないこと、または殺しても死にそうにないことなどから周囲の人々からは“ゾンビ”と呼ばれている。そんな彼らが、ある目的のために一致団結、結...

今日、いつものようにアマゾンから注文していた本が届きました。今回買ったのは、文庫化を心待ちにしていた金城一紀の『レヴォリューション No.3』(角川文庫)、東野圭吾の『探偵ガリレオ』(文春文庫)、そして群ようこの『かもめ食堂』(幻冬舎文庫)の計3冊の文庫本です。金城一紀の『レヴォリューションNo.3』は、図書館で単行本を借りて1度読んではいるのですが、ゾンビーズシリーズの大ファンですし、何度でも読み返したい...

今日、アマゾンから注文していた本が届きました。伊坂幸太郎の『魔王』(講談社文庫)と、東野圭吾の『容疑者Xの献身』(文春文庫)、そして、サン=テグジュペリの『人間の土地』(新潮文庫)の計3冊。もちろん、見ての通りすべて文庫本です。まずは、『魔王』から読みたいと思います。『魔王』は、初めて読むので、とても楽しみです。『容疑者Xの献身』は、文庫化されたら読みたいと思っていたのに、うっかり買い忘れていました(...

月が替わって1週間くらい経つと毎日本やタウンの文庫近刊情報をチェックするのが私の習慣のひとつになっています。値段が手頃で収納の場所も取らず、持ち運び便利な文庫本をこよなく愛する私としては毎月どの作家のどの作品が文庫化されるのかは最大の関心事なのです。そして、いつものように9月の近刊情報をあ行の出版社から順番にチェックしたところ、まず気になったのは9月5日発売予定の朝日文庫、開高健の『モンゴル大紀行』。...

金城一紀は私の好きな作家の一人なのですが、一つ困る事があるんです。それは、作品がなかなか文庫化されないという事。『GO』以外の今までの作品は全て図書館で借りて読みました。どの作品も面白かったし好きなので文庫化されたら必ず買って再読するつもりでいるんです。ところが、いっこうに文庫化される気配がないのです。一度『レヴォリューション No.3 』の文庫本の発売予定(確か角川文庫だったと思います)を近刊情報で目に...