毎月恒例の新刊文庫チェック・・・ですが、10月発売予定の文庫本に私の気になるものがない・・・。見落としてるんじゃないかと思って、何度かチェックしたんですけど、やっぱり10月発売予定の文庫には、気になるものがありませんでした。あ!ひとつありました!!小説でもエッセイでもないのですが、新潮文庫から『マイブック 2010年の記録』が10月28日に発売される予定のようです!私は今年初めてマイブックを使った(「マイブッ...

シリーズ最新作『鷺と雪』が直木賞受賞したのを機に、未読だった北村薫のベッキーさんシリーズ第一作『街の灯』を読んでみることにしました。私自身、北村さんの小説を読むのは久しぶりでした。この『街の灯』には、「虚栄の市」、「銀座八丁」、そして表題作「街の灯」の三篇が収録されています。時は昭和7年、主人公の花村英子の父は、日本でも五本の指に折られる財閥の系列の、商事会社の社長。つまり、英子は何不自由ない暮ら...

小路幸也さんの小説を読むのは、この『東京公園』が初めて。読んでいる最中、思わずにんまりしてしまいました。何故なら、ものすごく好きな雰囲気の作品だったから。我ながらいい本選んだなぁって、嬉しくなってしまいました。主人公は、カメラマンを目指す大学生の志田圭司。圭司は公園に行き、そこにいる家族の写真を撮るのが好き。ある日、公園で若い母親と幼い娘の写真を撮ろうとしていた圭司に初島という男性が声をかけてきた...

アマゾンで買った本が到着♪今回買ったのは、小路幸也の『東京公園』、北村薫の『街の灯』、ローレンス・ブロックの『八百万の死にざま』の3冊。いずれも文庫本です。小路幸也さんの小説はまだ読んだ事がないので、この『東京公園』が初読みになる予定です。『東京バンドワゴン』も読んでみようかなぁと思ったことがあったのですが、あらすじを読む限りでは『東京公園』の方に惹かれたので。北村薫さんの『街の灯』はベッキーさんシ...

9月発売予定の気になる文庫本をチェック!まずは、講談社文庫から絲山秋子の『絲的メイソウ』。9月15日発売予定。これは、嬉しい♪絲山さんは好きな作家なので文庫化された小説はほとんど読んでいるのですが、エッセイはまだ読んだことがないので、『絲的メイソウ』の文庫化楽しみにしていたんです。中公文庫から吉田篤弘の『それからはスープのことばかり考えて暮らした』。9月19日発売予定。吉田篤弘さんの小説はまだ一度も読んだ...

金城一紀のゾンビーズシリーズの中で私が一番好きな作品『フライ,ダディ,フライ』がようやく文庫化され、喜び勇んで購入、早速再読・・・そして涙。断っておきますが『フライ,ダディ,フライ』は、他のゾンビーズシリーズ同様、愉快痛快なエンターテイメント性の高い作品です。でも、どうも私の涙腺がゆるいのか、涙がじわりと込み上げてきてしまうシーンが2、3ありました。再読なのに。『フライ,ダディ,フライ』の主役は四十七...

これまでエッセイは読んでいたものの小説は読んだ事のなかった佐藤正午。この前『放蕩記』を読んで(感想はコチラ)、すごく好き!・・・というわけではないけどじわじわと良かったので、今度は『彼女について知ることのすべて』を読んでみました。「その夜わたしは人を殺しに車を走らせていた。」といういきなり驚きの一文から物語は始まります。しかし、読者にはすぐに事件は“わたし抜き”で起こってしまったことが分かり、そこから...

よしもとばななの『チエちゃんと私』、これ好きです。先日買った文庫3冊(他2冊は長嶋有の『夕子ちゃんの近道』と角田光代の『しあわせのねだん』)はどれも私にとってはアタリでした。『チエちゃんと私』は、私の好きなよしもとばなな作品のひとつ『海のふた』に似ている気がします。主人公のカオリは四十ニ歳、従妹のチエちゃんは三十五歳。二人が一緒に暮らし始めて六年になる。チエちゃんの母親、つまりカオリのおばさんが亡く...

一番楽しみにしていた4月発売の新刊文庫、長嶋有の『夕子ちゃんの近道』。読書の喜びを感じさせてくれる小説でした。ここ最近に読んだ本の中ではダントツで大好きです!今までの私の長嶋有作品No.1は『ジャージの二人』でしたが、『夕子ちゃんの近道』がNo.1になりました。フラココ屋という西洋アンティーク専門店のアルバイトに雇われた主人公の僕。僕は倉庫代わりに使われているフラココ屋の二階に住んでいる。箪笥や鏡台、絵画...

私は角田光代の小説よりもエッセイが好きです。と言っても、小説の方はまだそれほど多くの作品を読んだわけではないので、もしかしたらこれから読む小説に私が好きだと思うものがあるのかもしれませんが。『しあわせのねだん』は、角田さんがお金を払って手に入れたさまざまなものについてのエッセイ。各エッセイのタイトルは「昼めし 977円」、「Suicaカード 5000円、定期入れ 4500円」、「ヘフティのチョコレート 3000円」、...