宮本輝は、私の好きな作家の一人です。特に初期の作品が好きなのですが、その中でも一番好きなのが『優駿』です。今までに何度も読み返しているのですが、特に天高く馬肥ゆる秋になると、『優駿』を読みたくなります。この『優駿』の文庫本は今から10年前、私が大学生の時に買ったものです。今でも表紙は変わっていないのでしょうか?最初に『優駿』を読もうと思ったのは、ただ単に、この小説が競馬(というよりは競走馬)を扱った...

2004年にWEB本の雑誌の読書相談室でした質問に回答してもらえた事がきっかけとなり堀江敏幸の『いつか王子駅で』を読みました。今では堀江さんは好きな作家の一人になりましたし、あの時回答して下さった北上次郎さんには大感謝しています。ちなみに私がした質問は「何かしら競馬に関する場面が出てくる面白い小説(エッセイ、ノンフィクションではなく)は何かありますでしょうか?」(全文だと長くなるので前後は省略)というも...