久しぶりに星野道夫の『旅をする木』を再読。この本を初めて読んだ時、これは何度も読み返す本になるだろうと漠然と感じました。『旅をする木』に限らず、星野さんの本を読むと、アラスカの自然や野生動物に対する温かい気持ちが、じんわりと沁みこんでくるのです。そして、見たこともないアラスカの森や海や川が目の前に広がるのです。アラスカの自然と野生動物の姿を写真におさめてきた星野さんに対して私が勝手に抱いていたイメ...