昨日届いた文庫2冊に続いて今日アマゾンから届いたのが・・・小路幸也の『スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン』。私がハマっている東京バンドワゴンシリーズの第3弾!20日に文庫化されたばかりです。到着が一日しか違わないなら昨日の『5』、『サクリファイス』と一緒に発送してくれても良かったんですけど(笑)早速、昨日の午後から『サクリファイス』を読み始めたら止まらなくて一気に読み終えてしまいました。ものすごく面白...

東京バンドワゴンシリーズ第2弾『シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン』、ゆっくり読もうと思ったのに、あっという間に読み終えてしまいました。そして、この『シー・ラブズ・ユー』を読んで、私がこのシリーズのファンになることが確定!とにかく面白くて魅力あるシリーズ作品です。東京の下町で古本屋「東京バンドワゴン」を営む4世代の大家族堀田家。前作で堀田家の次男青と結婚し、正式に堀田家の一員となったすずみも加わり、...

小路幸也の『東京バンドワゴン』…いいっ!『東京公園』を読んで、何となく自分の好きなタイプの作家さんかも~と思っていましたが、今回この『東京バンドワゴン』を読んで、間違いないと確信しました。また一人好きな作家が増えて、そしてまた“東京バンドワゴン”という好きなシリーズ作品が出来たのは嬉しい。シリーズ第1弾の『東京バンドワゴン』。物語の中心となるのは東京の下町にある古本屋東京バンドワゴンを営む堀田家の面々...

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。お正月は夫の実家に帰省していました。泊りがけでどこかに行く時、読む読まないはともかく、必ず文庫を持って行きます。今回は読みかけだった小路幸也の『東京バンドワゴン』を持って行きました。初めて読んだ小路作品『東京公園』(⇒感想)がすごく私好みだったので、シリーズ化されているこの『東京バンドワゴン』も読んでみようと思ったのですが、これがまた...

再読していた江國香織の『神様のボート』をちょうど読み終え、次は何を読もうかな~と思っていたところ、アマゾンで注文していた本が届きました。まず、新潮文庫の新刊から伊坂幸太郎の『フィッシュストーリー』。伊坂ファンなので、伊坂さんの新刊文庫が出たらとにかく買います!単行本では読んでいないので、文庫化を楽しみにしていました♪本当は、同じ新潮文庫の新刊、宮部みゆきの『孤宿の人』の上下巻を買おうと思っていたの...

小路幸也さんの小説を読むのは、この『東京公園』が初めて。読んでいる最中、思わずにんまりしてしまいました。何故なら、ものすごく好きな雰囲気の作品だったから。我ながらいい本選んだなぁって、嬉しくなってしまいました。主人公は、カメラマンを目指す大学生の志田圭司。圭司は公園に行き、そこにいる家族の写真を撮るのが好き。ある日、公園で若い母親と幼い娘の写真を撮ろうとしていた圭司に初島という男性が声をかけてきた...