読書メモ。

スポンサーサイト

容疑者Xの献身/東野圭吾

東野圭吾の小説を読むのは久しぶりでした。初めて読んだ東野圭吾の作品、『秘密』を読んで、その面白さにはまってからは、続けていくつかの作品を読んだりしていたのですが、そのうち何となく他の作家に興味が移り、ここ最近、東野圭吾の小説を読むことがなくなっていました。実は、ガリレオシリーズを読むのは、この『容疑者Xの献身』が初めて。ドラマ『ガリレオ』にはまってから、初めてガリレオシリーズに興味を持ったのですが...

『魔王』と『容疑者Xの献身』、そして『人間の土地』

今日、アマゾンから注文していた本が届きました。伊坂幸太郎の『魔王』(講談社文庫)と、東野圭吾の『容疑者Xの献身』(文春文庫)、そして、サン=テグジュペリの『人間の土地』(新潮文庫)の計3冊。もちろん、見ての通りすべて文庫本です。まずは、『魔王』から読みたいと思います。『魔王』は、初めて読むので、とても楽しみです。『容疑者Xの献身』は、文庫化されたら読みたいと思っていたのに、うっかり買い忘れていました(...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。