宮本輝は、私の好きな作家の一人です。特に初期の作品が好きなのですが、その中でも一番好きなのが『優駿』です。今までに何度も読み返しているのですが、特に天高く馬肥ゆる秋になると、『優駿』を読みたくなります。この『優駿』の文庫本は今から10年前、私が大学生の時に買ったものです。今でも表紙は変わっていないのでしょうか?最初に『優駿』を読もうと思ったのは、ただ単に、この小説が競馬(というよりは競走馬)を扱った...