佐藤正午の『Y』が届いてから、中断していた村上春樹の『ノルウェイの森』の再読。世間は『1Q84』ブームの中、数年ぶりに『ノルウェイの森』を読み返してビックリ。それは、私の記憶の中にある『ノルウェイの森』とは随分違う印象を受けたからです。 これほどまでに性的な描写が多かったかな?確かこの本を初めて読んだのは大学生の時で、その後も少なくとも一度は再読したはずなのですが、細かい内容はすっかり忘れてしまっていて...